<< 発達障害Q&A 〜医療機関を受診するメリット・デメリット〜 | main | 『ペアレントセミナー』開催のお知らせ >>
2016.04.14 Thursday
<発達障害Q&A>
Q. 

高2のASD、ADHD合併の生徒がいろいろ注意するとすぐ窓から飛び降りるといいます。保護者は怖くて学校に行かせたくないと言っています。どうしたらいいでしようか?



A   

この生徒さん、字義どおりに本人に自殺の意図がありそうですか?

たとえば、うつ病などの精神疾患にかかっている可能性はありますか? もしそうであれば、まずは精神科に受診するのが先決でしよう。高校生であれば児童精神科医でなくても、一般精神科でも受けてくれるところは多くあります。

 

もし、うつ病などの問題がないのであれば、この生徒さんは 「飛び降りる」という言葉の効果と威力をよく知っているということですね。この言葉を聞くと先生も親もびっくりしてそれ以上叱ったり、怒ったりせずに黙ってしまい、自分の思うとおりになるという魔法の言葉になっているのでしよう。
 

おそらく、何か不満やストレスがあるのでしようが、この言葉を振り回されては解決のしようもありませんよね。
 

ではどうしたらいいのか、です。
まず、この言葉の魔力を解くのが先決です。「飛び降りる」と言われても、動じずに、穏やかな雰囲気のままに話を進めてみてはどうでしょうか。最初は魔法が解けだとは気付かずに、もっと過激な言葉やの行動を試すかもしれませんが、やはりこちら側は同じトーンでいくのがいいですね。

 

本人としては「飛び降りたくなるくらい嫌なことがある」という意味なのでしょうから、そのことを聞き出していく作業が必要になっていくことと思いますし、魔法を解くのも時間がかかることは多いです。学校に来られないのであれば、自宅で本人の話を聞くところから始めるしかないでしょう。自宅が高層のマンションであれば、念のため、窓のない部屋で。
 

このように、大人を操作するのに威力を発する言葉を見つけて、振り回す子どもたちがいます。言葉だけでなく、行動でもそうです。思い通りにならないと「死んでやる」と言ってみたり、それでも効果がないと包丁を振り回す、家を飛び出す、暴れる、暴力を振るう、などもするかもしれません。

その度に大人側が仰天して恐れをなしては、その言動はますます工スレートしてしまうことがあります。こちら側の反応を子どもたちはよく観察しています。(もちろん、他にも理由はありえるので、全部がそうとは限りません)

 

そういった言動を発せざるを得ない状況にいるというごとに気付くことがまず先決でしよう。何を訴えようとしているのか、何を解決したいのか、をうまく言語化できる術があれば、こんな言動は選ばないのかもしれません。どうしていいか分からない、どう伝えていいか分からない、分かってもらえない、 自分の感情を持て余している、などなどの気持ちが混沌と渦巻いているのでしょう。
 

その気持ちの部分を表面的な言動に惑わされずに引き出してあげることができると魔法は解けていくと思います。試してみてください。こちら側があまり子どもたちの言葉を字義どおりに受け取りすぎないように気を付けましょう。
 

えじそんくらぶ会報 『カラフルライフ』Vol.84より転記
| 発達障害Q&A | 16:49 | - | - |