<< 『大人の発達障害』専門外来開設のお知らせ | main | 発達障害Q&A 〜医療機関を受診するメリット・デメリット〜 >>
2016.04.14 Thursday
<発達障害Q&A>
Q.

小学生の子の発達状態に悩む親です。診断名がつくことが怖くて病院に行けません。発達障害と一度でも診断されると、その後、状態が良くなったとしても一生付いてまわるものですか? また、学校に知られるのが嫌で、教育センターでの検査も受けることができません。デメリットばかりが気になってしまいます。


A.

診断がつくことへの抵抗感はとても自然な気持ちと思います。まるで「最後の審判」かのように感じてしまって、「診断がついてしまったらおしまい」と不安になってしまうのでしょう。
でも、診断を最終ゴールにしてしまうか、スタート地点としてとらえるかは考え方次第だと思います。まずはこのように整理をしてみてはいかがでしょうか。

 

一つ目は、誰が診断を求めているか、です。対応に困っている担任が必要と言っているのか?親御さん自身なのか。あるいは、小学校高学年になると子ども自身が「僕は発達障害なんじゃないかな」と言い出す場合もありえましょう。
本人や親御さんが必要と思うのであれば、それを求めることに問題はないと思いますが、肝心の本人や家族ではない人たちが「診断してもらってください」というのであれば、これは、どうかな。。。。と思ってしまいます。

 

二つ目は、診断がつくことで本人にメリットがあるか、です。 メリットとはなんでしょうか。それまで自分勝手でわがまま、人の迷惑を考えない子といったとらえ方が間違っていて、困っているのは当の本人なんだ、ということが共有しやすくなるということだと思います。しつけが悪い、といった的外れの批判も同様です。診断は、こういった誤解を氷解してくれます。
周囲が共通の理解を持ったうえで、じゃあどうしようか、どういう関わりがいいのだろう、といった建設的な話し合いができていくものと思います。診断がはっきりすることで学校との連携がとりやすくなることはよくあります。

 

このように、誰が求めているかと、診断によるメリットがあるのかを確認してみてはどうでしようか。迷いがあるのなら、 急ぐ必要はないと思います。その前に、お子さんの成長について、主治医と話すべきことはまだまだ沢山あるはずです。
 

「診断がついてまわる」とはどのようなイメージがあって心配されているのかわかりませんが、診断を伝えたほうが本人のメリットになると思うのであれば、相手に伝えればいいし、そうでなければ特に伝える必要はないと思います。先ほども述べたように、診断はあくまでも本人のためのものです。学校側に伝えるかどうかも、本人にとってのメリットを考えて判断するのが良いと思います。
 

成長のために、学校が居心地の良く、楽しい経験を積んでいける場所であることが、何より大切です。診断が伝わることでそれが可能なのか、そうではないのか、は親御さんが判断しなくてはならないでしよう。でも、学校は本人のために親御さんと一緒に努力をしたいと思っているのではないかと思いますが、いかがでしようか。

えじそんくらぶ会報 『カラフルライフ』Vol.83より転記
| 発達障害Q&A | 16:00 | - | - |