<< 発達障害Q&A ~子供が財布からお金を取る~ | main | 今月のお花 >>
2016.02.05 Friday
<発達障害Q&A>
Q  ADHDとASDの診断をもつ中学生の息子は、支援は必要ないと言い張ってサポートを受けるのを頑なに嫌がります。他の子と違うことをするのが嫌だというより、本人は日常生活で「困っていない」ようです。ただ、先生や親などの大人は勉強面、生活面の対応に本当に困っています。どう関わったらいいのでしょうか?

A  ご質問の趣旨は、「支援を必要ない」と言っている本人にどう支援を提供したらいいのか、ということでしょうか。

 ASDのある場合、自分を客観化することが難しいことがあります。いわゆる「他者視点」ですね。自分が他の人に比べてどうなのか、自分を他者の立場に置き換えた時に自分がどのように見えているか、客観化して評価する力です。

他の人よりも段取りが良くないとか、集中が途切れやすいとか、自分をある意味冷静にとらえなくてはなりません。これが弱いと「困り感」は持ちにくいと思います。小さい時からの「マイペース」が残っているわけです。

さらにADHDの部分が加わると、どうしても咄嗟の言動が多く、しかも気持ちのコントロールが難しい傾向を持ちやすくなります。ですので、周囲は、つい小言や注意を言いたくなりますが、そのたびに、本人がかっとなって言い返す、素直に聞かない、となると更に小言を言われるという悪循環に陥りやすくなります。こうなると、関係性としては、決して良いとは言えません。

本人が診断名を知っているかどうかでも違いがあるかもしれませんが、まずは、一緒に何か楽しんだり、本人の得意とすることに着目するなどを通じて、関係性の改善から始めるのはどうでしょうか。

そのうえで、「支援」のような大袈裟なことではなく、「こうしたらうまく行くって聞いたな」といった軽い調子でつぶやいてみるとか・・・。最初は無視されるでしょうが、良い関係性さえ保たれていれば、その内、参考にしてくれるかもしれません。そして、大人の言う通りにしてみたら、結構便利だったという経験をしてくれればしめたものです。「支援」は、お互いの言うことに耳を傾けようとする相手への関心や信頼の上にようやく成り立つものです。

他者視点の獲得には個人差があります。無理やり外から引き出すこともできません。それまでは、ゆっくり安定した関係を育んでいきたいものです。

それにしても、中学生は思春期ド真ん中。なかなかに手強いはずです。むしろ、大人の言う事を素直に聞く中学生のほうが、成長過程としては「大丈夫?」という気がします。

本人もうまくいかない辛さを抱えて、でも、困っているとは言いにくい、手強いジレンマを抱えているはずです。


 
| 発達障害Q&A | 14:22 | comments(0) | - |
コメント
コメントする