2019.10.12 Saturday

〜新患受付のご案内〜

 

 10/29(火)10:00〜13:00 電話予約にて新患受付を開始します。TEL252-7766(当日のこの時間のみつながります)

 

 11月中旬〜、12月分の予約分です。大変電話が混み合うことが予想されます。時間をおいてかけ直しをお願いします。

 

 なお、代表番号では新患の受付はしておりません。お問い合わせをよくいただいておりますが、対応しかねますのでご

 了承ください。次回の受付は、またホームページでご案内させていただきます。

 

 ※アルコールやギャンブルで相談したいご本人やご家族様に関しましては、随時ソーシャルワーカーのほうで承ります。

  詳細は「田辺先生の外来について」に載せてあります。

 

 

       

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「書いてみよう」グループについて

 

 当院では、新患の受付をした方で、検査と診察の結果、学習症(書字困難)のある方に参加していただくグループを開設

 しています。

 現在、学習症(書字障害・読字障害・計算障害)の診断やサポートを行う医療機関や教育機関はほとんどありません。

 そのため、知的ハンディと誤解されたり、学習の困難さのために不登校やひきこもりの原因になりかねません。自信が持て

 ないままでいる子どもたちも多いことと思います。

 

 現在、グループが参加定員数に達しましたので、あきが出ましたら、随時ホームページでご案内させていただきます。

 

 【対象】

 ‐学校4年〜20代前半くらいまでの、特に文字を書くことにお困りの方。

 △海譴泙蚤召琉緡典ヾ悗篩蠱無ヾ悗箜惺擦覆匹如学習症と言われた、または疑いがあると言われた方。

 8什漾通院中の方は転院の必要はありませんが、主治医の許可は必要となりますので、よくご相談ください。

 ぢ承ヾ悗納けられた知能検査の結果をお持ちください。

    

 【グループの内容】 

 ー業の板書やメモを取ることなど書くことの困りについて、自分なりの工夫があれば情報を他の人たちと共有します。なければ、知ることができます。(対処方法はたくさんあるほうがかなり便利です!)

 ▲僖愁灰鵑ipad、スマホなど、自分にあった機器を見つけて、タイピング練習を行い、楽に書けるための練習をします。

 書くことに難しさがあることを相手に伝えなくてはならない時、どう説明したらいいかを見つけたり、練習したりします。 

 こ擇靴ね靴咾筌押璽爐發靴泙后

     

   【受診後の流れ】

 ,海譴泙任寮鍵蚓鬚篝験萠鬚覆匹鬚聞きします。

 ⊃濃(ほかに通院先がある場合も診察は必要になります) 

 I要な検査を行います。  

 じ〆嵯覯霧紂⊃巴任覆匹鬚伝します。   

  ゥ哀襦璽廚悗了臆

 

 *検査と診察の結果、学習症ではないと考えられた場合は、グループに参加にはなりません。 ご了承ください。

    

 

 グループは、月2回、不定期 9時半から15時まで  (他の曜日はお受けしていないのでご注意ください)

   グループ担当者蒔苗(まきなえ)か堀内(ほりうち)

 

 

 

  田辺先生の家族相談とセカンドオピニオン   

                  

  ☆これまで精神科に受診歴のあるかた、他科で精神科の受診をすすめられたかたは、予約時にお伝えください。

    紹介状が必要となります。

  ☆初診の診察は聞き取りにお時間がかかるので、時間に余裕をもってお越しください。

  ☆すべての検査と結果のお話が終了するまで通常2〜3カ月はかかります。(初診日以降で検査は予約制になっています)

                    

        

                 

          

     

        

        

  田辺 等先生の外来について            

                 昨年から田辺等先生が新しく外来を担当しております。

         田辺 等先生の依存症の家族相談は、引き続き受付をしています。

         ストレスやうつ、その他精神症状で診察を希望される場合も、まず当院の

         ソーシャルワーカーにご相談ください。

 

          診察は第1、第3水曜日の14時からになっておりますが、予約状況や先生の諸事

            情により変動しますので、予約受付日時以外でも随時予約を承ります。

          

            診察時間 水曜日(月2回・不定期):14時、15時、16時の枠 

             対象年齢 成人  ※随時受付

             

       1.依存症についての家族相談

         お酒、パチンコ、買い物などが止められない家族がいる。そのために、本人の生活も

               仕事も人間関係にも支障を来している。止めるように何度も説得したのにまた同じ事を

                 繰り返す。

        本人は相談窓口や病院に行こうともしないし、そもそもこんな事をどこに相談したら

               良いのか分からない。

       「これは依存症っていうこと?」

       「依存性は病気というけど、結局本人の気持ち次第でしょう?」

       「依存症から抜け出すために家族は何をしたらいいのだろうか?」

       「家族がしてはいけないこともあるのだろうか?」    などなど・・・

 

        こんなご相談をお受けします。

        ご家族やご本人に親しい方や関係の深い方であれば、複数でも構いません。

 

         時 間 : 1時間程度

          相談料 : 1万円(保険診療の適用にならないため、実費となります)

 

        なお、ご本人の診察がない場合の薬の処方はできませんので、ご了承ください。

        *依存症とは 

         生活や健康への支障や弊害が生じていることを分かっているのに、その物質の使用や

                その行為を行うことが止められなくなっている状態のことです。

        *依存症の種類

        1.物質依存(お酒、覚醒剤・大麻など違法薬物、睡眠剤などの処方薬、咳止めなど

                   の市販薬)

        2.行為依存(パチンコ・スロットなどのギャンブル、買い物、ゲーム・ネットなど)

         その他 自覚があるのに自分の意志でやめられないDV、虐待、過食なども、依存症と

               同質の問題があります。

 

        2.セカンドオピニオン外来(但し、発達障害は除く。)

        精神科疾患は、認知症やてんかんなどの一部を除くと、血液検査や画像、脳波などの

       客観的データーに基づいて診断をするわけではありません。従って、医師によって診断や

              治療方針が異なることもありえますし、はっきりした診断名を伝えられないまま、治療が

              行われることもあるかもしれません。

        今の治療に疑問や不安があっても、主治医を替えたり、転院するのは、簡単なことでは

              ないでしょう。現在の治療について、他の医師の意見や異なった視点を取り入れることで、

              ご自分の病状についての理解を深め、治療に納得したうえで、ご自身が主体的に治療方針に

              関わって行くことが可能となります。

        当外来で、そのお手伝いをさせていただきます。

        ご本人が対象ですが、ご本人の了承があれば、ご家族と一緒でも結構です。

 

         時間:1時間程度

          料金:1万円 (保険診療の適用にならないため、実費となります)

 

        紹介状と検査結果:できるだけ主治医の紹介状と心理検査結果をお持ちください。

       *主治医との良好な治療関係を保つためにも、紹介状をご持参されることをお薦めします。

       *複雑な事情がある場合は、お申込み時点でお話ください。

 

       3.相談等申し込みについて

          予約制となります。

  

 

        田辺等先生ご紹介

 

        1977年 北海道大学医学部卒業後、北大病院、北海道立緑ケ丘病院で精神科医療に従事

        1990年 北海道立精神保健福祉センターに着任。カウンセリング、集団精神療法の専門家として部長を歴任

        2005年〜2017年3月   同センター所長

        2017年4月 北星学園大学社会福祉学部 教授

 

        著書に「ギャンブル依存症」(NHK出版)、「精神保健相談のすすめ方Q&A」(金剛出版)。

       共著に「心病む人への理解」(星和書店)、「精神療法マニュアル」(臨床精神医学第41巻増刊号、分担執筆)、

       「依存と   嗜癖」(2013、医学書院)、「集団精神療法の実践事例30」(創元社)など。

        エッセイに「住まいとこころ」(NHK教育テレビテキスト)「DIY入門−住まい自分流」に2007年度連載。

 

        日本精神神経学会専門医、精神保健指定医

        日本集団精神療法学会副理事長

         第22回日本集団精神療法学会会長(2005年)

        第56回日本病院・地域精神医学会会長(2013年)

        全国精神保健福祉センター長会会長(2013−2014年)

              

     

   

     

 

     

 

 

 

 

      

      

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 新患受付のご案内 | 13:51 | - | - |
2019.08.28 Wednesday

 当院では、医師及び看護師を募集しています。発達障害に興味関心のある方を歓迎いたします。なお、看護師については、ハローワークの紹介状が必要となります。

 詳細につきましては、下記まで、お問い合わせください。

   Tel. 011−215−0771  法人事務局

| 採用 | 09:00 | - | - |
2018.07.25 Wednesday

 お盆中の診療について


【診療時間の変更】
8月14日 火曜日   9:30〜18:30

 

 中野先生不在となります。鹿野先生の診療となります。

 

 何卒よろしくお願い致します。

 

 


    
     
  

| お知らせ | 11:05 | - | - |
2017.12.13 Wednesday

     

    年末年始の休診について

    年末年始の休診は以下の通りです。

 

         12/28(火) 通常診察

         12/29(水)〜1/8(月) 休診

         1/9(火) 通常診察

 

         大変ご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願い致します。

 

   

 

  

 

 

 

| 年末年始の休診について | 12:27 | - | - |
2017.08.31 Thursday

 

本年(2017年)9月27日水曜日午後2時から田辺等先生が新しく外来を担当することになりました。

内容は以下のようになります。10月以降は、第1・第3水曜日の午後2時から定期的に外来を担当いただきます。

 

1.依存症についての家族相談

 お酒、パチンコ、買い物などが止められない家族がいる。そのために、本人の生活も仕事も人間関係にも支障を来している。止めるように何度も説得したのにまた同じ事を繰り返す。本人は相談窓口や病院に行こうともしないし、そもそもこんな事をどこに相談したら良いのか分からない。

「これは依存症っていうこと?」

「依存性は病気というけど、結局本人の気持ち次第でしょう?」

「依存症から抜け出すために家族は何をしたらいいのだろうか?」

「家族がしてはいけないこともあるのだろうか?」       などなど・・・

 

こんなご相談をお受けします。

ご家族やご本人に親しい方や関係の深い方であれば、複数でも構いません。

  時 間 : 1時間程度

    相談料 : 1万円(保険診療の適用にならないため、実費となります)

なお、ご本人の診察がない場合の薬の処方はできませんので、ご了承ください。

 

*依存症とは 

 生活や健康への支障や弊害が生じていることを分かっているのに、その物質の使用やその行為を行うことが止められなくなっている状態のことです。

依存症の種類

 1.物質依存(お酒、覚醒剤・大麻など違法薬物、睡眠剤などの処方薬、咳止めなどの市販薬)

 2.行為依存(パチンコ・スロットなどのギャンブル、買い物、ゲーム・ネットなど)

 その他 自覚があるのに自分の意志でやめられないDV、虐待、過食なども、依存症と同質の問題があります。

 

2.セカンドオピニオン外来(但し、発達障害は除く。)

 精神科疾患は、認知症やてんかんなどの一部を除くと、血液検査や画像、脳波などの客観的データーに基づいて診断をするわけではありません。従って、医師によって診断や治療方針が異なることもありえますし、はっきりした診断名を伝えられないまま、治療が行われることもあるかもしれません。

 今の治療に疑問や不安があっても、主治医を替えたり、転院するのは、簡単なことではないでしょう。現在の治療について、他の医師の意見や異なった視点を取り入れることで、ご自分の病状についての理解を深め、治療に納得したうえで、ご自身が主体的に治療方針に関わって行くことが可能となります。

 当外来で、そのお手伝いをさせていただきます。

ご本人が対象ですが、ご本人の了承があれば、ご家族と一緒でも結構です。

 

  時間:1時間程度

    料金:1万円 (保険診療の適用にならないため、実費となります)

 

紹介状と検査結果:できるだけ主治医の紹介状と心理検査結果をお持ちください。

*主治医との良好な治療関係を保つためにも、紹介状をご持参されることをお薦めします。

*複雑な事情がある場合は、お申込み時点でお話ください。

 

3.相談等申し込みについて

 予約制となります。

【予約について】

 予約日は、9月6日(水)9月13日(水)9月20日(水)のそれぞれ午後2時から電話で申し込みを受付致します。

 電話番号011−252−7766

 

 

 

 

田辺等先生ご紹介

 

1977年 北海道大学医学部卒業後、北大病院、北海道立緑ケ丘病院で精神科医療に従事

1990年 北海道立精神保健福祉センターに着任。カウンセリング、集団精神療法の専門家として部長を歴任

2005年〜2017年3月   同センター所長

2017年4月 北星学園大学社会福祉学部 教授

 

著書に「ギャンブル依存症」(NHK出版)、「精神保健相談のすすめ方Q&A」(金剛出版)。

共著に「心病む人への理解」(星和書店)、「精神療法マニュアル」(臨床精神医学第41巻増刊号、分担執筆)、「依存と嗜癖」(2013、医学書院)、「集団精神療法の実践事例30」(創元社)など。

エッセイに「住まいとこころ」(NHK教育テレビテキスト)「DIY入門−住まい自分流」に2007年度連載。

 

日本精神神経学会専門医、精神保健指定医

日本集団精神療法学会副理事長

第22回日本集団精神療法学会会長(2005年)

第56回日本病院・地域精神医学会会長(2013年)

全国精神保健福祉センター長会会長(2013−2014年)

| - | 16:13 | - | - |
2017.06.19 Monday

今年度の「当事者 勉強会」についてのお知らせです。

 

第1回 5月31日        自閉症スペクトラム について

第2回 8月30日        ADHDについて・両方がある場合

第3回 11月29日       二次障害について

第4回 平成30年1月31日   得意・不得意、感覚過敏とにぶさ・こだわり

 

好評につき 今年度も昨年と同じテーマで開催いたします。

多くの方に申し込みいただき どの回も定員に達しました。 ありがとうございました。”(5月20日時点)

 

申し込みができなかった方で あらたな参加をご希望の 方は 担当主治医までお申し出ください。人数が5人以上に

なりましたら臨時開催ができます。 (6月1日)

 

 

以上 よろしくお願いいたします。

| 法人の取り組み | 08:17 | - | - |
2017.06.15 Thursday

 

札幌もだんだんと暖かくなり、木々の緑も濃くなってきました。

この季節になると、ハナミズキの花も満開に咲いています!

 

アップで見ると...

 

そうなんです、実は札幌こころの診療所のマスコットキャラクターのウサギさんが持っているお花は、

このハナミズキという木のお花がモチーフになっています。

 

そして平成29年6月、ちょうどハナミズキの花が咲く季節に、札幌こころの診療所は、開院5周年を迎えました。

5周年記念日に来院して頂いた方には、札幌こころの診療所オリジナルクッキーをお配りしました。

クッキーは「社会福祉法人 さっぽろひかり福祉会 光ファクトリー」さんにお願いしました。

うさぎの顔もお花もひとつひとつが丁寧な手仕事です。

 

光ファクトリーのみなさん ステキなクッキーをありがとうございました。

 

 

5年という節目を迎えて、スタッフ一同心を新たに、一日一日を大切に丁寧な診療を心がけていきたいと思っております。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

札幌こころの診療所

 

 

 

| 法人の取り組み | 20:56 | - | - |
2016.05.23 Monday

                                                         

                                                 発達に特徴のある方たち向けの

『当事者 勉強会』 開催のお知らせ

  

当事者のための勉強会は、札幌こころの診療所が引っ越しをする前に行っておりましたが、

今年度より、復活させることにしました。

 

平成28年6月より、以下のテーマで、当事者向け勉強会を開催します。    

第1

6月29

自閉症スペクトラム障害 について

第2

8月31日

ADHDについて・両方がある場合

第3

11月30日

二次障害(派生しやすい問題)について

第4

H29年

3月29日

得意・不得意、感覚過敏とにぶさ、こだわり

 

 

 

 

 

 

 

詳細は、以下のとおりです。

  • 日時    原則第5水曜日、14:00〜15:30 
  • 場所    札幌こころの診療所 食堂にて
  • 講師    院長が担当します。
  • 対象    当院に通院されていて、すでに発達障害(自閉症スペクトラム障害《アスペルガ
  • 進め方  テーマに沿って説明、解説した後、ご質問やご意見などをお受けします。
  • 定員    10〜15名ほどの予定です。申し訳ありませんが、前回参加ご希望の方を優先させていただきます。

 

ご不明な点などありましたら、主治医までお尋ねください。

 

          平成28年5月

札幌こころの診療所院長 中野育子

 

| 法人の取り組み | 10:56 | - | - |
2016.04.14 Thursday
<ペアレントセミナー開催のお知らせ>

昨年度、好評だった親御さん向けのセミナーを、内容を変えて今年度も開催することとしました。
どれも親御さんに知っていただきたい内容ですので、毎回参加をお勧めしますが、いくつか選んでの参加でもけっこうです。
定員がありますので、事前申し込みをお願いしております。よろしくお願いします。


詳細などは、待合に掲示しておりますので、ご確認ください。
セミナー参加希望の方は、受付までにお問い合わせください。

 


〜前年度セミナー参加者のご感想〜
 
診察場面では、ゆっくり聞くことが出来なかったり、本で読んでもピンとこなかったり、今ひとつ理解しきれない部分について先生から聞くことが出来たのがとても良かったです。

次の講習までの一ヶ月間で子どもと新しい知識で向き合い、質問や疑問をセミナー時に先生に直接聞くことができたので、良かった。

本やネットなどからは得られない、細かい微妙な特性がたくさん知ることができました。

これまでよくわからなかったことが、自分なりに理解できました。

子どもたちの不自由さについてより理解ができた。

医師によるセミナーはなかったので、専門的な話が聞けてよかったです。

自閉症と何か、という基本から始まり、自閉症に起こりえる困難などを具体的に扱っていただいたのが良かったです。



などなど、沢山のご意見をいただきました。
今後もよりよいセミナーや勉強会開催の参考にさせていただきます。
ありがとうございました。



 
| 法人の取り組み | 17:40 | - | - |
2016.04.14 Thursday
<発達障害Q&A>
Q. 

高2のASD、ADHD合併の生徒がいろいろ注意するとすぐ窓から飛び降りるといいます。保護者は怖くて学校に行かせたくないと言っています。どうしたらいいでしようか?



A   

この生徒さん、字義どおりに本人に自殺の意図がありそうですか?

たとえば、うつ病などの精神疾患にかかっている可能性はありますか? もしそうであれば、まずは精神科に受診するのが先決でしよう。高校生であれば児童精神科医でなくても、一般精神科でも受けてくれるところは多くあります。

 

もし、うつ病などの問題がないのであれば、この生徒さんは 「飛び降りる」という言葉の効果と威力をよく知っているということですね。この言葉を聞くと先生も親もびっくりしてそれ以上叱ったり、怒ったりせずに黙ってしまい、自分の思うとおりになるという魔法の言葉になっているのでしよう。
 

おそらく、何か不満やストレスがあるのでしようが、この言葉を振り回されては解決のしようもありませんよね。
 

ではどうしたらいいのか、です。
まず、この言葉の魔力を解くのが先決です。「飛び降りる」と言われても、動じずに、穏やかな雰囲気のままに話を進めてみてはどうでしょうか。最初は魔法が解けだとは気付かずに、もっと過激な言葉やの行動を試すかもしれませんが、やはりこちら側は同じトーンでいくのがいいですね。

 

本人としては「飛び降りたくなるくらい嫌なことがある」という意味なのでしょうから、そのことを聞き出していく作業が必要になっていくことと思いますし、魔法を解くのも時間がかかることは多いです。学校に来られないのであれば、自宅で本人の話を聞くところから始めるしかないでしょう。自宅が高層のマンションであれば、念のため、窓のない部屋で。
 

このように、大人を操作するのに威力を発する言葉を見つけて、振り回す子どもたちがいます。言葉だけでなく、行動でもそうです。思い通りにならないと「死んでやる」と言ってみたり、それでも効果がないと包丁を振り回す、家を飛び出す、暴れる、暴力を振るう、などもするかもしれません。

その度に大人側が仰天して恐れをなしては、その言動はますます工スレートしてしまうことがあります。こちら側の反応を子どもたちはよく観察しています。(もちろん、他にも理由はありえるので、全部がそうとは限りません)

 

そういった言動を発せざるを得ない状況にいるというごとに気付くことがまず先決でしよう。何を訴えようとしているのか、何を解決したいのか、をうまく言語化できる術があれば、こんな言動は選ばないのかもしれません。どうしていいか分からない、どう伝えていいか分からない、分かってもらえない、 自分の感情を持て余している、などなどの気持ちが混沌と渦巻いているのでしょう。
 

その気持ちの部分を表面的な言動に惑わされずに引き出してあげることができると魔法は解けていくと思います。試してみてください。こちら側があまり子どもたちの言葉を字義どおりに受け取りすぎないように気を付けましょう。
 

えじそんくらぶ会報 『カラフルライフ』Vol.84より転記
| 発達障害Q&A | 16:49 | - | - |
| 1/6PAGES | >>